« 浜岡原発は大丈夫? | トップページ | 排出権購入で「カモにされる日本」 »

2008年1月 8日 (火)

ついに「プラスチック製割り箸」登場!

 年末に八ヶ岳パーキングエリアで食事をした。箸立てにプラスチック製のお箸。ついにこういう店まで割り箸をやめて、洗うことにしたのねぇ、と感動しつつ箸立てに貼ってある表示を読んだ。
 環境:森林保護
 衛生:食品グレード工場
 安全:防カビ漂白剤等不使用071229_1044021_2
と書かれており、使い終わった箸はリサイクルされ他のプラスチック製品に生まれ変わる由。
 プラスチック箸屋さんが使用後の箸を引き取って、マテリアルリサイクルするのだろうか?そこまでするならレンタルおしぼりのように洗ってまた貸し出した方がマシ…、でもそうすると「割り箸」が既に割られているから割り箸ではなく、単なる箸になるのがダメなのか?071229_104401_2
 環境問題にマジメに取り組もうという姿勢は立派だけど、「森林保護」と書くなら国産材の割り箸に変えたらいいのにー。
 でもこのお店で食器と一緒に洗うのではなぜダメなの?お箸の使い回しは衛生的でないと嫌がる人がいると以前聞いたことがあるけど、そういう人は洋食レストランへ行ったらどうするのだろうか?まさか使い捨てのフォークやスプーンを借りる?!

 日本人の異常な潔癖性がついにこんなものまで生み出した、CO2削減の道は遠いかもー?

|

« 浜岡原発は大丈夫? | トップページ | 排出権購入で「カモにされる日本」 »

マイハシ」カテゴリの記事

ゴミ・リサイクル」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに「プラスチック製割り箸」登場!:

« 浜岡原発は大丈夫? | トップページ | 排出権購入で「カモにされる日本」 »