« 製紙業界団体 約7割が偽装 | トップページ | リサイクルシステム議員懇談会 »

2008年2月 4日 (月)

人畜有害な珍説ーもっと二酸化炭素を出そう?

 昨日(2008.2.3)の読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」に中部大学の武田邦彦氏が出演し、驚くほどひどい話をしていた。
 以下は武田説 ( )内はそれに対する感想
1. ダイオキシンは怖い物質ではない。セベソでは誰もダイオキシンで死んでない、奇形児も生まれなかった。(この説は以前一橋大学であったシンポジウムで、東大の先生に真っ向から否定され、武田氏は反論できなかったのに、まだ自説に固執しているらしい)
2. 枯葉剤の影響もない。あの辺は昔からシャムの双生児とか奇形の多い地域。(シャム双生児も枯葉剤の影響では?)
3. ゴミの分別は環境を汚す。燃やすのが一番いい。(相変わらずのリサイクル批判。何もかもいっしょくたにして燃やした場合の環境負荷は考慮しなくていいらしい。)
4. 海面上昇は熱膨張により最大11センチ上昇するだけ。ツバルは海面上昇ではなく、珊瑚礁の島だから沈んでいる。(11センチの根拠は?ベニスでも海面上昇の影響を受けているが、ベニスも珊瑚礁?)
5. リサイクル率100%でないとダメと環境省はいっている。木の成長分は伐っていいのに日本ではそれもダメだと〜(グリーン購入法のコピー用紙の古紙配合率のことをさしているらしいが、バカバカしくて反論する気にもならない。すべての木材の成長分を紙の原料にするつもりだろうか?悪のりした他の出演者が、利権が絡んでるからだ!とか何とも信じがたいことをいっていた。再生紙を使うとなんで環境省の役人に「利」があるといっているのか理解に苦しむ。利をもたらしそうな大手製紙メーカーは軒並み再生紙から撤退したいと思っているから、再生紙の古紙配合率を減らした方が利があるはずなのにー。それとも古紙再生促進センターや全原連が環境省の天下り先になっているとでもいうのだろうか?)

 その他、IPCCがどうの、シロクマがおぼれる心配より目の前の毒(中国製冷凍餃子)を心配しろなどとも言っていたけど、この番組を流している読売テレビと番組提供者の良識を疑った。
 ついでに武田サンのホームページを見てみたら、温暖化してあと7度気温が上昇した方がいいから、「もっとみんなで二酸化炭素を出そう!」と書いてある。
 話題になることならなんでも言う人みたい。マジメに反論した私がバカだった・・・。

|

« 製紙業界団体 約7割が偽装 | トップページ | リサイクルシステム議員懇談会 »

その他」カテゴリの記事

CO2(温暖化)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人畜有害な珍説ーもっと二酸化炭素を出そう?:

« 製紙業界団体 約7割が偽装 | トップページ | リサイクルシステム議員懇談会 »