« 新たなバイオディーゼル燃料 ブラジルに煙がまたふえる? | トップページ | 電球型蛍光灯のエコ度 »

2008年4月26日 (土)

松田のマヨネーズ

 松田のマヨネーズタイプについては以前「温暖化防止のため 脱パームオイル宣言」でも少しふれたが、ようやく「マヨネーズ」と、正式に認められるようになるそうだ。JAS(日本農林規格)がマヨネーズの原材料に「ハチミツ」を認めたため。
 松田のマヨネーズは、卵(有精卵)や塩(自然の海塩)、酢(リンゴ酢)などにこだわり、甘味も砂糖ではなくハチミツ。JASの定義は「砂糖類」で、ハチミツ使用の場合はマヨネーズ表示ができなかった。
 松田ファンの人たちが署名を集め農水省に提出するなどしたためか、このたびようやくマヨネーズの原材料にハチミツが認められた。
 規格に「ハチミツ」を加えるだけで何年もかかるなんて…とも思うが、とりあえず規格が改正されたことは喜ばしい。


|

« 新たなバイオディーゼル燃料 ブラジルに煙がまたふえる? | トップページ | 電球型蛍光灯のエコ度 »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松田のマヨネーズ:

« 新たなバイオディーゼル燃料 ブラジルに煙がまたふえる? | トップページ | 電球型蛍光灯のエコ度 »