« 海水温上昇で海が砂漠化 | トップページ | 少数民族と海外植林事業 »

2008年5月 6日 (火)

イズミヤ マイバック持参率50%を目標に

 関西を中心に展開するスーパーのイズミヤは、2012年度までにマイバックの持参率を50%に引き上げるそうだ。
 2008年2月末時点での全店平均持参率が33.2%、現在レジ袋を有料化している店舗での平均持参率が80%前後とのこと。レジ袋有料化に積極的な行政や市民団体と協働できる地域から有料化に取り組み、持参率の向上をはかる。
 レジ袋の収益金は地域の環境や社会貢献活動、排出権購入費などにあてるそうだ。ちなみにCO2排出量削減目標は、2012年度に2006年度比で10%削減(約1.5万tのCO2削減)。
 こういう環境に配慮したお店がどんどんふえてくればいいなぁ。
http://www.izumiya.co.jp/press/2008/05/post_104.php

|

« 海水温上昇で海が砂漠化 | トップページ | 少数民族と海外植林事業 »

CO2(温暖化)」カテゴリの記事

ゴミ・リサイクル」カテゴリの記事

レジ袋」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イズミヤ マイバック持参率50%を目標に:

« 海水温上昇で海が砂漠化 | トップページ | 少数民族と海外植林事業 »