« レジ袋の約1.5%が道路に散乱? | トップページ | ローソンが照明をLEDに切り替え »

2008年6月20日 (金)

松屋もすかいらーくも割り箸からエコ箸へ

 外食産業の松屋もすかいらーくも、全店割り箸から繰り返し使える樹脂製箸への切り替えをほぼ終了したらしい。
 おかげでごみ減量効果は、松屋が558トン、すかいらーくが650トンとのこと。
 箸を洗うため、従業員の手間は多少増えたものの、電気代や水道代はさほどかわっていないようだ。食器洗浄機や滅菌庫に入れる箸が多少増えても電気や水道使用量はさほど変わらないのだろう。
 「割り箸は間伐材から作られていて森林保護になるから使った方がいい」とか「どうせ捨てられるものから作られている」などという人がいるが、間伐材や端材で作られた割高な割り箸をファミレスが使っていたわけはないので、これで割り箸による海外の森林破壊は多少減るだろう。
 おかげでマイハシ忘れても、安心して外食できる
http://www.j-cast.com/2008/06/12021684.html

 でも、もし経営に余裕ができたら、プラ箸(樹脂製箸)から塗り箸に変更してね

|

« レジ袋の約1.5%が道路に散乱? | トップページ | ローソンが照明をLEDに切り替え »

マイハシ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松屋もすかいらーくも割り箸からエコ箸へ:

« レジ袋の約1.5%が道路に散乱? | トップページ | ローソンが照明をLEDに切り替え »