« 食卓からでるCO2は車より多い?(1) | トップページ | マイハシ持参で10円お得 くら寿司 »

2008年10月11日 (土)

食卓からでるCO2は車より多い?(2) 天ぷらは国産露地物でも贅沢?

 気になったので、「食卓からでるCO2は車より多い?(1)」に引き続き、一番値の低い「露地物や国産の食材を使用した場合」の天ぷらのカーボンフットプリントを計算してみた。
2.29kg-CO2 x 365 = 835.85kg-CO2

 ご飯が1kg-CO2として
3.29kg-CO2 x 365 = 1200.85kg-CO2

 車並みにCO2排出量を抑えるとして、あと約1100kg-CO2食べられる。1日3食食べるとしてあと2食だから各550kg-CO2。ご飯の分をのぞくとおかずは185kg-CO2・・・たった185で何が食べられるだろう?庭で採れたキュウリの浅漬けくらい?

 たった4種類(イカ、エビ、ナス、ピーマン)の天ぷらに大根おろしをつけて食べただけでも、CO2排出量を車程度に抑えるとなると、あと2食はかなり粗食になるということだ。
 天ぷらだからCO2排出量が特に多くなるということでもなさそうだから、やはり家庭の食卓から出るCO2は、車より多いということは間違いないように思う。

|

« 食卓からでるCO2は車より多い?(1) | トップページ | マイハシ持参で10円お得 くら寿司 »

CO2(温暖化)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食卓からでるCO2は車より多い?(2) 天ぷらは国産露地物でも贅沢?:

« 食卓からでるCO2は車より多い?(1) | トップページ | マイハシ持参で10円お得 くら寿司 »