« 古紙の問屋買値が下落 国内需要も減少 | トップページ | ペットボトルリサイクルの危機 »

2008年11月14日 (金)

セブンもLED照明に

 日経新聞(2008.11.13)によると、セブンーイレブン・ジャパンは12月から、新たに開業する全コンビニの看板や屋外照明の光源に、LEDを採用するそうだ。
 これにより、従来の蛍光灯に比べて電気使用量を約75%節減出来るとのこと(CO2換算で1店あたり1.8トン削減できる計算)。

 ローソンは2009年3月から、看板などの他、店内の照明器具にもLEDを使うといっているので(「ローソンが照明をLEDに切り替え」)コンビニのエコ度は深夜営業規制をけん制するためか、高まっている。
 ついでにレジ袋も有料化してくれればー。

 それにしても、デパートはエコ化されているのだろうか?デパートは旧態依然としていて、コンビニよりエコ化が遅れているようにみえる。ブランドイメージを大切にするのはよいが、高級感=過剰包装ではないはず。

|

« 古紙の問屋買値が下落 国内需要も減少 | トップページ | ペットボトルリサイクルの危機 »

エコ商品」カテゴリの記事

CO2(温暖化)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セブンもLED照明に:

« 古紙の問屋買値が下落 国内需要も減少 | トップページ | ペットボトルリサイクルの危機 »