« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月26日 (金)

ニカド電池の使い捨てで、減らないカドミウム汚染

 資料を整理していたら、2002年の静岡県消費者団体連名の通信がでてきたので、パラパラとみていたら「広がり始めたカドミウム汚染」の記事。そういえば、ニカド電池が新たな汚染源だったけど、その後生産自粛されて減っているはずと思い、検索をかけてみてビックリ。
 確かにカドミウムの国内需要は、1995年頃のピーク時に比べれば減ってはいるが、2007年は2005年より増えている。しかも日本が減った分中国やベルギーは増えているので、海外から安いコードレスフォンや電動アシスト自転車、電動工具、シェーバー、電動歯ブラシ、ソーラーランタンなどを買い集めてくる日本でのニカド電池の廃棄量はむしろ増えている可能性がある。
 
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 「カドミウムについて」
http://www.kokumin-kaigi.org/kokumin03_54_07.html

 (一部抜粋)ニカド電池などの二次電池は資源有効利用促進法により製造メーカ等に回収・資源化が義務づけられています。経産省の資料によると2004年度のニカド電池回収量は975トンで、うちカドミウムは205トンでした。カドミウムのリサイクル率は従来30%程度といわれていましたが、実際はこれより遙かに低く一桁台の可能性があります。実態の把握と併せ、リサイクル率の大幅な向上が求められているといえます。

 おそらくニカド電池を普通の乾電池と思いこみ、ごみに混ぜて捨ててしまっている人がとても多いだろう。たとえば使えなくなったコードレスフォンや電動歯ブラシの電池を抜かずにそのまま捨ててしまうなどの行為は後ろめたさを感じずにできそうだ。
 ニカド電池などの二次電池は、多くの自治体では回収していないので、電気店の回収ボックスまで持って行かないといけない。そのことすら知らない人が多いのではなかろうか。
 このサイトの数字をもとに計算すると、2004年度のニカド電池回収量が975トンでこのうちカドミウムは205トン。電池のカドミウム需要を約2000トンとすると、2004年度のニカド電池のカドミウム回収率は約1割、残りの9割がごみとして捨てられている。
 2008年9月26日からEUでは「ニカド電池の上市が一部を除いて禁止され、併せてニカド電池のリサイクル目標が75%に設定され」たとのこと。カドミウムの怖さはイタイイタイ病で十分経験済みなのだから、日本も早急にニカド電池の流通規制や回収率を高めるなどの対応が必要だ。

 カドミウムは現在、我々の主食である米からコーデックスの安全基準(国際的な上限許容量0.4mg/kg)を超えた量が検出されている。野菜は今どの程度カドミウム汚染されているかわからないが、2002年12月2日の毎日新聞によると、オクラや大豆、里芋、ナスなどから国際安全基準を超えた量が検出されていたそうだから野菜も安心できない。
 それにしてもなぜ「ニカド電池」のような環境負荷の高い製品が、不備な回収システムのもとで安く売られてしまうのだろうか?それによる土壌汚染の責任は一体誰が取るのだろうか?
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/080115_1.html

| | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

テレビのコードが脱塩ビ

 パナソニックが非塩ビ系の電源コードをテレビに採用し始めたそうだ。非塩ビ製の電源コードは塩ビコードに比べ高コストだが柔軟性などは変わらないとか。
 最後まで変わらないかに見えた電源コードまで非塩ビになってきたのだから、総菜や精肉の入ったトレーに塩ビラップをかけるのはいい加減やめてもらいたいものだ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20081219/180895/

| | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

安すぎるペットボトルの再処理費用 やっぱり生産規制が必要

 今日(2008.12.23)の日経新聞に「リサイクル素材、在庫増加」の記事があった。ペットボトルも古紙も鉄スクラップも、輸出急減と国内メーカー減産を受けて、余剰になってきたとのこと。
 最近、レジ袋の再処理費用の計算方法を教えてもらったので、それをもとに、ペットボトルの再処理費用を計算してみた。
 それによると平成21年度の500mlのペットボトルの再処理費用は、レジ袋のそれに比べてバカ安いことがわかった。
 レジ袋は、消費者の環境意識の向上に加えて小売業者の再処理費用負担などから、最近有料化にはずみがつき、流通量が減ってきた。平成22年度のペットボトルの再処理費用ははね上がるとは思うが、レジ袋並みになったとしても1本約1円(レジ袋は1枚10gと仮定すると1枚当たり34銭)(小売店負担分)。再処理費用だけではペットボトルは減らないことは確実だ。消費者の環境意識の向上が、ペットボトルの削減につながるにはまだ時間がかかるだろうから、やはりペットボトルは生産量を規制する政策が必要。
 ペットボトルもレジ袋も、代替品はいくらでもある。それにも関わらず、なぜ日本ではこんなに環境負荷の高いものを規制もかけず大量に使い続けているのか、不思議で仕方ない。

| | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

鉱物油 vs 食用油 どっちがエコ?

輸送マイレージに配慮 米ぬか油のインキ」についてご意見をいただきました。ありがとうございました!
 

近年、印刷にはソイ・インクを使うのが普通になっているようですが、鉱物油に規制でも掛けたのでしょうか?大豆油が余っているなんて事は無いと思うのですが、廃油の活用ならともかく、食用に出来るものを印刷物に使用するのが果たして社会的に正しいの?石油を節約するのは結構なことですが、本来食用に回っていたということだと、環境と資源(または食糧)のトレードオフということになってしまうのではないでしょうか?米ぬか油でもその点は変らないと思いますが、如何ですか?

 鉱物油に規制をかけたということは聞いていませんが、鉱物油は規制のかかっているVOC(揮発性有機化合物)が高いですし、近い将来カーボンフットプリントの表示が始まると、CO2排出量の少ないインクの方が売れますから、米ぬか油のインクが開発されたのだと思います。

 確かに食べ物をインクにしてしまうのはもったいないですね。
 これ↓によると
http://www.j-tokkyo.com/2003/C09D/JP2003-096375.shtml

精米工場から得られる米ぬかは、加工されて動物用の飼料とする他、溶剤抽出と高度な精製によって米ぬか油としてサラダ油等食用油等に7割程度利用されているが、その残りは、需要がないため廃棄物として処分されていて、増加する廃棄物の処理・処分で苦慮している現状において問題点の多いものであった。

と、書いてはありますが、米油は健康的でおいしい油ですし、家庭用としては高級品です。
 しかし、VOCの見地からも(化学物質過敏症の人にはインクの匂いが辛い)、おそらくリサイクルの際の脱墨しやすさという点からも、鉱物油より植物油の方に軍配が上がるのは事実です。
 魚油などの動物性の油を使うという可能性もあるでしょうが、とりあえず、国内資源である米ぬかから作られたものということで、私は評価したいと思います。

| | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

輸送マイレージに配慮 米ぬか油のインキ

 東洋インキがサンエー印刷と米ぬか油を使用したインキを共同開発したそうだ。
 北米産の大豆を使用した大豆油インキに比べて、ほとんど国産の米ぬかを使うため、輸送マイレージが少なくなりカーボンフットプリントが少ないそうだ。
 おそらく、従来のインクの原料だった廃食油や大豆油がバイオ燃料ブームのせいで高騰し入手しづらくなったため開発したものだろうが、国内資源の有効利用という見地からもCO2削減の見地からもとてもよいと思う。
 大豆インクがエコであるかのように印刷用紙などに記載されているのを見るにつけ、遺伝子組み換え大豆の利用拡大に危機感を持っていたので、その使途が減るのもうれしい。

http://www.monz.co.jp/2008/12/post_785.html

| | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

ベンリな「クレジット方式」

 私の中で、今年の流行語大賞は「クレジット方式」。
 CO2を相殺するため、「○○にクレジット(排出権)をつける」とか「クレジットを買う」という言葉をよく聞いた。
 最近聞いた「クレジット」は、コピー用紙のグリーン購入法基準変更に関して。間伐材の使用促進のため、製紙工場内で紙を作る際に間伐材チップを使えば、その分だけコピー用紙に間伐材を使ったとみなされ、コピー用紙の総合評価に加点されグリーン購入法の基準をクリアできるというのが「クレジット方式」だ。
 なぜそんなややこしい方式がとられるかというと、間伐材(とりわけスギ間伐材)でコピー用紙を作るのが難しいため。しかし他の紙に比べ、コピー用紙は身近な存在だから「間伐材使用」をユーザーにアピールできる。
 適当な紙を間伐材で作り、間伐材使用のためのコストと「間伐材使用」名義をコピー用紙に転嫁すれば、グリーン購入法基準クリア!・・・ってクレジット方式ってホント便利。
 でも、なんだか詐欺っぽい気もするけど…。

| | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

レジ袋有料化はコワクナイ 有料化後のごみ出しは?

 日本でも海外でも、近年レジ袋は有料化、もしくは廃止の方向で一気に動き始めた。いくつかの市の聞き取りをするうちに面白いことがわかってきた。
 どこの市でも、マイバッグは持っているが、使っていない消費者が多いこと。有料化しない限り使わないが、有料化した途端に色とりどりのマイバッグを手にスーパーへ繰り出しているらしい。まるで、使う機会を待っていたかのようだという。
 ネットで販売しているレジ袋のユーザーレビューを見てみると、購入者が必ずしも有料化した地域のマイバッグ持参者ばかりではなく、普段マイバッグを持って買い物に行き、必要に応じて適当なサイズのレジ袋を購入するという人が多い。
 レジ袋をほしい人はほしいだけ買う、ほしくない人は買わない、という当たり前の生活習慣が、有料化によりようやく定着しつつある。
 
 ちなみに、最近レジ袋が有料化され、ごみ出し用のレジ袋購入者が増えたと思われる市で販売されている某店のレジ袋(市のごみ出し可の認定マーク付き)の販売価格は下記だそうだ。
 認定レジ袋:30号100枚393円 同35号431円 同40号559円 同45号677円
 ちなみに、市指定の手付きごみ袋価格は45リットル(65cm x 80cm位)50枚で378円とのこと。
 45号のレジ袋のサイズは31cm x 55cm位らしいから、45リットルもごみのでる家や、生ゴミ堆肥化するなどして45リットルごみがたまるまでごみを出さずにすむ家では、レジ袋よりごみ袋の方がお得だが、1回のごみ量の少ない家庭では、量に応じて必要なサイズのレジ袋を購入するのがよさそうだ。もちろん、レジ袋とごみ袋の違いは袋の厚みの違いのようだから、ごみの重さにもよる。

 レジ袋有料化というと、決まって「ごみ袋として使っているのに」と反発する人がいるが、心配するには及ばない。ごみ袋でもレジ袋でも好きなサイズを好きなだけ購入できるのだ。
 その価格はおそらく、有料化していないスーパーで、レジ袋価格を食品などの販売価格に転嫁している分より安いはず。少なくとも、スーパーで袋を2枚も3枚もねだっている人たちの袋代まで、レジ袋をあまりもらわない人たちに転嫁される心配は、有料化によりなくなる。

| | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

コピー用紙のパブコメ募集開始 もっとウッドマイルズに配慮を

 最近よく聞く言葉に「認証材」とか「フェアウッド」というのがある。反対に「ウッドマイルズ」という言葉は一時期よく聞いたのに、最近は聞くことが減ったような気がする。

 フェアウッドが大切であることはもちろんだが、私はウッドマイルズが特に大事だと思うので、家を建てる場合、まず一番いいのが地域材、次が国産材、その次が海外の認証材の順で環境良品だと思うのだが、世間ではこの3つは肩を並べているらしい。
 ウッドマイルズが大事なのは、CO2の見地からだけではなく、食べ物同様木も地域のものを取り入れることで、身体にも合い、あの山の木とわかることで愛着もわきやすく、結果的に長く住む家になると思うからだ。

 グリーン購入法のパブリックコメントの募集が開始された。
 コピー用紙に総合評価指標が導入されるらしい。評価方法が詳しく説明されているが、それによると間伐材と認証材が同点、建築端材はその半分の点数だ。国内で発生する建築端材であればごみ削減の見地から間伐材と同点でよいようにも思うが、海外の認証材は半分の点数でいいように思う。海外の端材、その他は0点がいい。日本の木がこれほど余っているのに、海外の端材ごみまで高ポイントで使う必要はない。
 古紙が余剰になりごみ化する可能性が高い今日、グリーン購入法のコピー用紙くらいは古紙100%維持が望ましい。しかし、京都議定書のマイナス6%のうちの森林吸収分である3.9%を達成するため「ネコの手も借りたい」(印刷用紙に比べ生産量の少ないコピー用紙でも有り難く利用したい)というのならば、国内の間伐材と海外の認証材は点数に差をつけるべきだと思う。
 それにしてもこの「総合評価制度」、複雑すぎてかえって偽装の温床にならないといいが…。

○パブコメ募集↓
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10513

| | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

古紙利用率 日本はトップランナーから脱落?

 米坪(2008.12.5)に2007年の世界の古紙状況がでている。

http://www.beitsubo.com/news/article.asp?news_id=15012

(一部抜粋)
 古紙回収率の第一位はアイルランドの95%、第二位は韓国の89%、第三位はスイスと香港の79%、第五位はオランダとノルウェーの78%、第六位は日本の75%、第七位がイギリスの71%、第八位はオーストラリアとカナダが70%だった。
 地域別の古紙回収率ではヨーロッパが59%、北米が56%、アジアが50%、大洋州が54%、南米が41%、アフリカが25%だった。
 一方、古紙利用率の第一位はウクライナの99・9%、第二位がメキシコの95・5%、第三位がデンマークの91・6%、第四位が台湾の88・0%、第五位がスペインの84・6%、第六位がギリシャの83・3%、第七位が韓国の82・0%、第八位がトルコの81・8%と続くがいずれも量的には少ない。
 消費量の多い国では中国とドイツの古紙利用率は68・3%、日本は61・8%、アメリカは36・1%となっている。
 地域別の古紙利用率ではヨーロッパが46・7%、北米が35・3%、アジアが68・3%、大洋州が37・1%、南米が62・5%、アフリカが44・9%だった。

 日本の回収率が75%と伸び悩む中、アイルランドの95%、韓国89%というのにも驚くが、イギリスの古紙回収率がいつのまにか70%を超えていたことには驚いた。
 また、各国の古紙利用率を見てみると、かつてトップランナーだった日本はすでに先頭集団からはずれ、置いてきぼりをくったことがわかる。
 せめてドイツと肩を並べたいものだが、グリーン購入法の基準変更やホームセンターにズラリと並ぶバージンパルプのコピー用紙やトイレットペーパーを思い浮かべると、トップランナーに返り咲くのは絶望的に思える。

| | トラックバック (0)

マクドナルドがレジ袋を廃止

 日本マクドナルドがプラスチック製レジ袋を廃止し、無漂白の紙袋に順次変更していくそうだ。紙ナプキンもすでに削減中とのこと。
 簡易包装をはじめることで、「年間で約2,300トンのプラスチックと、約6,200トンのCO2削減を目指すそうだ。
http://www.mcdonalds.co.jp/company/eco/campaign/vol01.html

 アメリカでは野生動物がレジ袋で被害を受けていることから、プラスチック製レジ袋を廃止する動きが進んでいる。ヨーロッパでもウミガメやクジラなどの生物がレジ袋を食べ被害を受けていることから、同様の動きが広がっている。
 日本ではレジ袋有料化の動きが盛んだが、欧米のような「野生生物保護」が目的ではなく、「ごみ削減」や「CO2削減」を理由としている場合が多いため、レジ袋は「廃止」ではなくあくまでも「削減」の方向で進んでいる。
 今回のマクドナルドの決定は、欧米の「プラスチック製レジ袋廃止」の動きをふまえたものだろう。

| | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

鉄スクラップや古紙などの再生資源価格が急落

 今日(2008.12.3)の日経新聞によると、鉄スクラップ価格がピーク時の1トン当たり7万円近辺から、1万円程度まで下落。自動車リサイクル業者の経営に影を落としているという。

 古紙も中国での需要減で輸出価格が急落、国内需要も減少していることから、「行き場のなくなった古紙が一気に増えて、乱売になれば、体力のない問屋は厳しい状況に追い込まれる」(中堅問屋)とのこと。年内は国内の製紙会社は買値を維持しているが、年を越せば価格調整は避けられないだろうとの見方。
 問屋が厳しい状況になれば、問屋より体力のない古紙回収業者は廃業の危機。
 ふたたび、古紙余剰時代が迫ってきた。

 そういえば先月、日本再生資源事業協同組合連合会が所属組合員に「再生資源価格急落・国内在庫急増中!」速報を配布した。

http://www.beitsubo.com/news/article.asp?news_id=14981

 (前略)このたびの米国金融不安に端を発した世界同時不況の影響などで、古紙を始めとした再生資源(鉄スクラップ・非鉄金属・ペットボトル・廃プラスティックなど)の国際需給も完全に冷え込み、国内においても価格暴落や入荷制限などの事態が生じていることから緊急に現状を知らせた。
 速報によると、古紙類は10月後半に入って輸出価格が1トン当たり2万円台から4分の1の価格に下落でストップ安状態となり、輸出自体成約できなくなり国内製紙メーカー各社も2割以下の入荷制限をしている。
(省略)
 このような事態が長引けば日資連では、回収した資源の在庫が間違いなく国内に溢れ、平成8年頃の大余剰化状態をさらに上回って逆有償回収や逆ザヤでの古紙輸出した悪夢が再来するのではないかと予想する。
 そこで日資連としては、再生資源の回収団体としての受け皿機能を担っている立場から、「回収した資源のごみ化を防ぐ最大限の努力をして参りますが、取引各位様との契約内容の価格変更をはじめとして在庫の保管対策やさらには逆有償回収にも踏み切らなければならない状態も勘案されます」と緊急連絡した。

<追記>2008.10.5
 大手製紙会社は年内は古紙の買値を維持しそうだが、中小の多い家庭紙メーカーは、12月から再生トイレットペーパーの原料である上物古紙の買値を引き下げたとのこと。
 トイレットペーパーの原料となる色上古紙は12月から2円下がり、1キロ22円(メーカー着値)、模造古紙も2円下がり、25円程度となった。


| | トラックバック (0)

「スギ間伐材は製紙原料に不向き」—ようやく報道

 昨日の日経新聞の「紙向け国産間伐材 低迷」というコラム(2008.12.2)に、スギは製紙原料としては不向きだというということが、かなり控えめな表現で載っていた。製紙用針葉樹チップの輸入価格は高騰しているが、国産針葉樹チップ価格(チップ工場渡し)はそれより43%も安いという理由が解説されていたのだ。
 ようやく報道されたかと多少安堵したが、まだまだ周知されることはないだろう。

 スギは印刷用紙になりにくいということは、紙関係者(メーカーサイド)の間では常識だが、一般の人にはなかなかわかってもらえない。そのせいで、「なぜグリーン購入法のコピー用紙に間伐材を入れられないのか?」などといわれ、今回のようなコピー用紙基準変更騒ぎにまで発展する。
 安易に、「間伐材をチップにして紙を作れば資源の有効利用だ。日本の山も守れる」などといわないでほしい。そんな簡単なことなら、補助金で間伐した間伐材は、みんなどんどん製紙会社に運んでいるはず。スギで印刷用紙やコピー用紙を作るのは、技術的に難しいからこれまで進まなかったのだ。別にグリーン購入法の基準が古紙寄りだったからではない。

 『環境問題はなぜウソがまかりとおるのか』に洗脳されたわけでもなかろうが、まもなく実施されるグリーン購入法のパブリックコメントのコピー用紙基準は、そのレベルの理屈がとおってしまい古紙100%から古紙70%以上へと変更される。

 これからまた古紙余剰時代に突入する。しかし、一度下げてしまった基準を再び上げるのは難しいだろうから、余剰古紙は「サーマルリサイクル」が主流になっていくのかもしれない。

追記(2008.12.8)
○古紙ネットのホームページに、この日経新聞の記事が紹介されているようです。
日経新聞コラム「紙向け国産間伐材 低迷」
○古紙ネットホームページ
http://homepage2.nifty.com/koshi-net/

| | トラックバック (0)

紙・板紙分類 21年ぶりに見直し

 来年から紙・板紙の分類が実体を反映したものに変更されるそうだ。といっても、家庭で使う紙にはあまり影響はなさそう。
 再生紙が「低質」だったころの分類基準が、実体にそぐわなくなったため、変更される。
 例えば、「印刷用紙A」は「晒化学パルプ100%使用」となっていたが、古紙入りでも上質紙は多いので白色度が75%程度以上であれば再生紙でもAとされるらしい。使用原料が削除され、白色度分類では印刷用紙B「75%程度以下」、同C「65%程度以下」、同D「55%前後」となるそうだ。
 画集でもない限り、白色度は75%もいらないから、普通の用途ならCでも十分だろう。
http://www.beitsubo.com/news/article.asp?news_id=14999

 まもなく始まる紙製品のパブリックコメントでは、紙の「総合評価制度」が提案されるそうだから、一新された紙の基準に、評価制度による新たな数値がついて販売されるようになる。一部の紙製品には「CO2の見える化」による数値もつくだろうから、表示部分がにぎやかになりそうだ。
 紙も新時代を迎えるのだろう。

 ご心配をおかけしましたが、慌ただしい日々は一応一段落。また更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »