« 津市のレジ袋有料化 デパートも参加 | トップページ | 広がるナラ枯れ…クマも困ってる? »

2009年1月24日 (土)

和歌山県の食品スーパー90%以上が有料化

 昨日(2009.2.23)から和歌山県内でレジ袋が有料化された。食品系スーパーの9割が有料化に参加するという大成功の理由を報道から探ってみた。

1.マイバッグ推進(有料化)の広報が半年前からなされたので、住民に周知徹底できた。
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=160965

2.県内に55店舗もっているオークワをはじめ、大手が有料化に積極的に賛同した結果、中小も有料化による客足の減少を心配せずにすんだ。各スーパーはマイバッグを無料配布するなど住民にPR。
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/090122/wky0901220233009-n1.ht
m

3.わかやまノーレジ袋推進協議会に、ドラッグストアや古座川産品直売所などスーパー以外の店も加えていたため、相乗効果?で、スーパーの有料化意欲にはずみがついた。
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20090122ddlk30040525000c.html

4.協議会に参加した29事業者の内、業務スーパーや薬局など8事業者が協定を結ばなかったが、結果的に29事業者すべてが有料化にふみきったのは、県と市町村がぎりぎりまで説得したものと思われる。県と市町村のリレーションシップがうまくいっていた。

5.協議会にJA女性組織が入っていたので、エーコープも積極的になったと思われる。

6.協議会に参加した店舗の少ない町では、町の説得に関わらず有料化した店は30店舗中数店舗のみと少ない。協議会に1店でも多く加入させることが、成功への近道か?
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=160881

7.「レジ袋削減」運動ではなく、効果の高い「有料化」実現に向けた県の一貫した姿勢。

 有料化する市町村が相次ぐ中でも、一度にこれほど多くのスーパーが一斉に有料化にふみきるというのは珍しいので、きっと他にもいろいろ「勝因」があるのだろう。
 非生分解性の素材でできたレジ袋を全廃するためにも、できるだけ多くの市町村に早く有料化してもらいたい。私の住む市もまだ有料化されていないので、ぜひ参考にしたい。

|

« 津市のレジ袋有料化 デパートも参加 | トップページ | 広がるナラ枯れ…クマも困ってる? »

レジ袋」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山県の食品スーパー90%以上が有料化:

« 津市のレジ袋有料化 デパートも参加 | トップページ | 広がるナラ枯れ…クマも困ってる? »