« コピー用紙のパブコメ 明日締めきり。真っ白な再生紙でも適合品に | トップページ | 地産地消で町おこし 埼玉県小川町 »

2009年1月 8日 (木)

環境教育って?

 久しぶりに青春18切符を利用して、森林環境教育講座の打合せのため、目下移動中の車内。揺られながらつらつらと環境教育について考えてみた。
 正直、私には「環境教育」がよくわからない。ただ、普通に行われている断片的な環境知識の押しつけは、環境教育とはいわず環境アレルギーの人を増やしているのではないだろうかとふと心配になった。
 地球環境の大切さがスッキリとわかり、小さいことでもいいから環境を守るために何かしたいと思うような教育、自分の命も他の生き物の命も大切で愛しく思うような教育。それが環境教育のはず。
 環境知識の量などまったく関係ない。確かな環境教育を受けた人は、きっと「たかがレジ袋」「削減できるCO2などたいしたことない」「余り物からできている」などとはいわず、できるだけ使わない方向で行動するだろうし、コンビニ弁当を家で食べるときは割り箸は断るだろうと思う。消費税率のアップには反対しても、環境税の導入には反対しないはず。
 そうせずにへりくつをこね、レジ袋有料化にも環境税にも反対し、原発の危険性にも目をつむり、温暖化対策のためには必要だとうそぶく人が多いのは、やっぱり環境教育が間違った方向で進んでいたからではないかと思う。

 みなさんはどう思われますか?

|

« コピー用紙のパブコメ 明日締めきり。真っ白な再生紙でも適合品に | トップページ | 地産地消で町おこし 埼玉県小川町 »

その他」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境教育って?:

« コピー用紙のパブコメ 明日締めきり。真っ白な再生紙でも適合品に | トップページ | 地産地消で町おこし 埼玉県小川町 »