« タスマニアの森と日本のコピー用紙 | トップページ | 食物をごみにしない「食べきり運動」 »

2009年2月20日 (金)

川口のサミット レジ袋有料化を中断

 川口市と協定を結び、昨年11月からレジ袋有料化に取り組んできたスーパーのサミットが、売上減を理由に有料化を中止し、3月3日から無料配布に戻すそうだ。有料化以来、毎月6%売上が減ったそうだが、とても残念。

http://www.saitama-np.co.jp/news02/18/09p.html

 市の昨年十二月の発表によると、無料配布を中止した十一月十日から三十日までの集計で、マイバッグ持参のレジ袋辞退率は約80%、削減枚数は約百二十五万枚余りと順調な滑り出しだった。しかし、「サミットストア川口赤井店」は、有料化(一枚三円)直後から市内で有料にしていないほかの既存店(二店舗)と比べ、6%売り上げが減ったという。
 広報室は「6%の売り上げ減はお客さんの意思表示。だまって見過ごせない」と話す。しかし、協定は継続するとしており、今後、お客の理解と支持が得られる状況になったら、あらためて有料化再開を検討するという。

 2007年3月に行った事業者へのアンケート調査によると、「レジ袋有料化の売上への影響は?」という設問に対し、64.6%が「影響なし」と答え、「売上が増えた」という回答も7.7%あったとのこと。
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=9684&hou_id=8423

 6%もの減は、もし有料化しなくとも時節柄起きたかもしれない…とか、お米などのような大きな物は初めからレジ袋付きで売るなどの対応をとれば、売上が回復しないか…などのことは当然考えた上での結論なのだろうが、残念としかいいようがない。わずか3ヶ月で結論を出さずに、せめて半年は頑張ってほしかった。
 レジ袋をなぜ無料で配布しないのか、などの声が来店者からもあったとのことだが、どこの地域にもどう説明しようと決して納得しようとしない人は数%はいるに違いない。そういう人の声に屈しないで、ぜひ川口市内の市民団体はそれをカバーすべく、サミットの店頭に立ち、マイバッグ持参と有料化の意義を来客に訴えて欲しい。
 こんなことのために、有料化を控える事業者が各地に出てはたまらない。

|

« タスマニアの森と日本のコピー用紙 | トップページ | 食物をごみにしない「食べきり運動」 »

レジ袋」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川口のサミット レジ袋有料化を中断:

» レジ袋有料化 [チャレンジャー月海の華麗なる軌跡]
私の住んでいるE市で、全22店舗の企業が4/1からレジ袋の有料化を実施します。立派だぞ!よくぞ踏み切った!!(・∀・)ヾ(´д`*)ホメテツカワスもちろん私は、以前よりエコバック持参派でしたよん(^ー^)vこれで少しでも地球環境・CO2の削減に繋がればいいなと思います。他、私が行っているエコ活動としては、?TVを見るときは部屋の電気を消す・・・目に悪いよ(゜ロ゜;?こまめに消灯・家電はコンセントを抜く?エアコンをなるべく使用しない?企...... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 00時22分

« タスマニアの森と日本のコピー用紙 | トップページ | 食物をごみにしない「食べきり運動」 »