« 温暖化で桜が南下? | トップページ | 「温暖化に荷担しない食べ方」のポイントは »

2009年4月 5日 (日)

山口県と名古屋市でレジ袋有料化、スタート

 山口県では4月1日から県下一斉レジ袋有料化に踏み切った。県レベルでの実施としては富山県、山梨県、沖縄県、青森県、和歌山県に引き続き6県目。
 そして昨日、名古屋市でついに市内全域での有料化を達成した(07年10月1日緑区でスタート、08年10月4日からは7区でスタート、09年4月4日に残り8区で有料化)。
 大都市では全国初。参加店舗数は1338店舗と桁違いに多い。
 「レジ袋の削減については、「レジ袋が減ることで、他の石油製品が生まれる可能性もある」などと効果を疑問視する声もある」とのことだが、いまや有料化批判は、引かれ者の小唄の感がある。
 百貨店が参加しなかったのは残念だが、さすがごみ先進地の名古屋市。まだ有料化していない地域の「田舎ではしやすいけれど、都市部ではちょっとね…」という言い訳は、もう通用しない。

http://www.asahi.com/eco/NGY200904040005.html

|

« 温暖化で桜が南下? | トップページ | 「温暖化に荷担しない食べ方」のポイントは »

レジ袋」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口県と名古屋市でレジ袋有料化、スタート:

« 温暖化で桜が南下? | トップページ | 「温暖化に荷担しない食べ方」のポイントは »