« どうなる静岡空港?! | トップページ | 温暖化対策の中期目標 パブコメ募集中 »

2009年4月29日 (水)

容リ法のプラスチック製容器包装の分別排出は有効?

Ts2c0226 プラスチックの分別排出はよいと思うが、容器包装のプラだけを集める現在の回収方法はかなりムリがあるのではないか。
 先日、奈良市奈良阪町にある「奈良市その他プラスチック減容施設」を見学した。
 市は排出するプラを二重袋に入れるなと広報しているが、広報が行き渡っていないため、レジ袋を小袋として使い、レジ袋の中にその他プラを入れて、そのレジ袋をさらに45リットルのゴミ袋に入れている人が多い。小袋として使われたレジ袋は破袋機では破れないため、すべて異物として中身毎除去し、焼却処分するそうだ。
 手選別のベルトコンベアーのラインで、4〜5人の作業員が汚れているものやその他プラ以外のものを、破れなかったレジ袋と一緒に除去する。そのため、集まったその他プラの約4割が異物として除去されている。手で破り中身を吟味する時間はないし、もしそのレジ袋の中に異物が入っていたら、協会から再び引取拒否される事態になることを考えると、たとえ4割も焼却することになったとしても、それ以外の選択肢はないのだろう。
 それにしても、容器包装のプラとそれ以外のプラをなぜ分けないといけないのか、本当に理解している市民は多くないだろうから、この法律はハナからムリがあるのではないかと思う。
 ちなみに、それ程徹底して除去していても、その後の抜き打ち検査ではさらに17%の異物が混入しているとのことなので、また容リ協会から引取拒否にあうのは時間の問題かもしれない。

 写真は、1m x 1mに圧縮したプラスチック製容器包装を再商品化事業者まで運ぶためトラックに積み込むところ。


|

« どうなる静岡空港?! | トップページ | 温暖化対策の中期目標 パブコメ募集中 »

ゴミ・リサイクル」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 容リ法のプラスチック製容器包装の分別排出は有効?:

« どうなる静岡空港?! | トップページ | 温暖化対策の中期目標 パブコメ募集中 »