« アマゾンがCO2排出源に! | トップページ | 非木材紙ならケナフより伝統的な和紙で紙漉を »

2009年4月17日 (金)

海のエコマーク付き魚を食べよう フカヒレ漁はフカにも他の魚にも迷惑

 「狙った魚以外の魚や生物が網にかかる「混獲」の量は、世界で年に3800万トンを超え、全漁獲量の約40%を占めるとの調査結果を、世界自然保護基金(WWF)の研究グループが15日、発表した」そうだ。
 最も混獲が多いのが「フカヒレ」をとるためのサメのヒレを狙う底引き網漁で、獲れた魚の90%以上が捨てられているとのこと。何かと問題の多いフカヒレは、フカだけでなく他の魚にも影響が大きいのでやはり食べない方がよさそうだ。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200904160012a.nwc

 海のエコマークといわれているMSC漁業認証の基準には、「できる限り混獲を避け、それを防止する漁具をなどをつかうこと」という基準がある。日本にはまだ馴染みの少ない認証だが、先月イオンが販売開始したそうだ。
 零細な漁業者が多く、しかも多少高くともエコであれば買うというグリーンコンシューマーの少ない日本には、敷居の高い認証だとは思うが、海産物の持続可能性を考えれば必要な認証。ぜひ他のスーパーでも扱ってほしい。

|

« アマゾンがCO2排出源に! | トップページ | 非木材紙ならケナフより伝統的な和紙で紙漉を »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海のエコマーク付き魚を食べよう フカヒレ漁はフカにも他の魚にも迷惑:

« アマゾンがCO2排出源に! | トップページ | 非木材紙ならケナフより伝統的な和紙で紙漉を »