« イベントのお知らせ「人と地球に厳しいパームオイルと付き合う方法」 | トップページ | 福山市長 広島県内一斉レジ袋有料化を批判 »

2009年8月 8日 (土)

川口市でレジ袋有料化条例を検討

 景気の悪化と共に、レジ袋有料化に難色を示す店舗が増えてきている。県や市が主導しても、最近では一斉有料化協定はすんなりとはいかなくなってきた。
 埼玉県のレジ袋モデル事業として昨年11月からスーパーと有料化協定を結んだ川口市では、売上減を理由にレジ袋有料化を中止し、無料配布に戻すスーパーが6事業者7店になった。
 このため、川口市では今後条例化を検討し、早ければ2010年3月の市議会に条例案を提出するそうだ。条例化はこれまで愛知県尾張旭市でも検討されたが、失敗。もし川口市が成功すれば、杉並区と新潟県佐渡市に次いで国内3例目に次いで国内2例目の有料化条例となる。
 鳩ヶ谷市とともに、ぜひ条例化を成功させてほしい。

※訂正 佐渡市では条例制定のパブコメは実施したものの、条例はまだできていない。
http://dekirueco.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-599b.html

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20090808/CK2009080802000101.html

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20090807-OYT8T01155.htm

|

« イベントのお知らせ「人と地球に厳しいパームオイルと付き合う方法」 | トップページ | 福山市長 広島県内一斉レジ袋有料化を批判 »

レジ袋」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川口市でレジ袋有料化条例を検討:

« イベントのお知らせ「人と地球に厳しいパームオイルと付き合う方法」 | トップページ | 福山市長 広島県内一斉レジ袋有料化を批判 »