« 木材(用材)自給率24%に上昇 | トップページ | イベントのお知らせ「人と地球に厳しいパームオイルと付き合う方法」 »

2009年8月 5日 (水)

裁判員裁判で、町田冤罪事件はなくなるか?この人痴漢!といわれたら…

 裁判員裁判が始まった。
 裁判員がいることによって、法廷に緊張感が生まれ、冤罪事件がなくなることを願っている。
 下記は友人のブログだが、痴漢と間違われ1年6ヶ月の実刑判決となった町田市の元会社員とその家族の訴えである。

「無実を真剣に訴えるたために刑務所行き??町田冤罪事件を考えたい!」
http://ameblo.jp/gomizeo/entry-10309987477.html

 日経ビジネスの新書レビューによると、「この人、痴漢!」といわれたら、絶対ホームから移動してはいけないという。ホームで話し合い、「とりあえず駅の事務所へ」という駅員に従ってはいけないそうだ。駅の事務所へ行くということは、「現行犯逮捕」を意味するらしい。そうなると、もう裁判で争っても勝ち目はなく、町田冤罪事件のような恐ろしい結末が待っている・・。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090804/201706/?P=

|

« 木材(用材)自給率24%に上昇 | トップページ | イベントのお知らせ「人と地球に厳しいパームオイルと付き合う方法」 »

その他」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員裁判で、町田冤罪事件はなくなるか?この人痴漢!といわれたら…:

« 木材(用材)自給率24%に上昇 | トップページ | イベントのお知らせ「人と地球に厳しいパームオイルと付き合う方法」 »