« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

カーボンオフセット付きレジ袋はエコ?

 日経新聞(2009.3.29)によると双日子会社の双日プラネットがCO2を相殺するカーボンオフセット付きのレジ袋の販売を始めたそうだ。
 環境コンサルティングのリサイクルワンから購入したCO2排出枠を使い、レジ袋メーカー大手の中川製袋加工と組み、オフセット付きレジ袋をスーパーなどに1枚2.5円で販売する。1枚当たり0.5円上乗せした計算とのこと。
 双日によると、レジ袋1枚当たり500mlペットボトル100本分の体積と同量のCO2をカーボンオフセットすることができるという。
 調べてみたら、カーボンオフセットキャンペーンを展開しているイオンでは既に有料化した店舗のレジ袋はカーボンオフセット付きを1枚5円で販売しているとのこと。また、ファミリーマートのレジ袋もカーボンオフセット付きらしい。
 レジ袋は使わないに越したことはない、どうしても必要な時だけ次善の策として使うのがオフセット付きレジ袋だという前提の上で、オフセット付きレジ袋を配布するならば良いが、「環境良品」として客にレジ袋を無料配布し続ける口実に使ったり、オフセット付きだから環境に良いと勘違いして、ムリにレジ袋を使う消費者が出ないといいが・・。

http://www.sojitz.com/jp/news/releases/20091028.html
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091229AT1D2805Y28122009.html

| | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

やはり強い産業界 ナフサ免税は誰のため?

 「ナフサ免税」の継続が決まるまでの過程を、先日のNHK番組で見た。
 住宅ローン減税や保険料控除など私たちの支払う税金が安くなることで結果的に住宅メーカーや保険会社が潤う「サービス」は周知されているが、私たちが気付かない産業界への「サービス」は、ナフサ免税の他にもいろいろあるのだろうなと思った(政治献金控除もそうかも)。
 番組の中で、業界の人がナフサ免税を撤廃することによる国民生活への影響を訴えていたが、一般人にはピンとこない。安いからといって、何でも袋やトレーに入れる「サービス」に日頃ウンザリしている私などは、ナフサが課税されることで、結果的にプラスチックごみが減るのなら大歓迎だ。
 ハガキや切手1枚だけでも小さいプラ袋に入れて渡そうとする郵便局、バラで買いたいのに袋やトレーに入れて売るスーパー、レジ袋を絶対有料化しないコンビニや百貨店、雨の日に傘袋を配る店などが、余分なナフサ製品を少し控えてくれたらどれ程うれしいか・・。
 2年後の期限切れの時に期待したい。次こそ、ナフサの揮発油税も石油石炭税も免税打ち切りとしてほしい。国際競争力の低下を懸念したというが、日本のガソリンにかかっている税金は、米国よりは高いが、EUや韓国に比べればひどく安い。これから環境税をかけることで石油製品の使用を減らしていかなければならない矢先に、本来石油製品にかけるべき税金の免除を継続することにどういう意味があるのだろうか。

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091203/fnc0912031249021-n1.htm
 

| | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

コカコーラ社の「サスティナブルパッケージ」

 以前何かでデンマークのコカコーラ社のペットボトルが植物からできていることを読み、日本ではいつからそうなるのだろうとエコプロダクツに出展していた日本コカコーラ社のスタッフに尋ねたところ、回答は「今月17日のプレスリリースまでは何もお答えできません」とのことだった。
 「日本のも植物になるの?何からできてるの?植物100%?」などという私の質問を尻目に、スタッフは来場者にひたすら空のペットボトルをひねらせ、薄さをアピール。仕方なく17日まで待つことにして、帰ってきた。
 17日、ようやくニュースリリース↓

http://www.cocacola.co.jp/corporate/news/news_20091217.html

 これによると、2010年3月15日から爽健美茶などでさとうきび由来の原料を一部に使用したペットボトル「プラントボトル」を導入するとのこと。サスティナブルパッケージ(持続可能な容器)に対する取組だそうだ。
 プラントボトルに変更する3製品で、年間2,045キロリットル相当の原油使用量削減効果が見込まれ、「この数値は、ガソリンに換算すると499キロ リットルとなり、燃費1リットルあたり10kmの自動車で、地球を125周できる計算」となるのだという(含有率16.5%で計算)。
 ペットボトルの一部を植物性に変えた程度でそれだけエコになるのなら、昔ながらのリユースボトルに戻したならばどれだけ地球温暖化防止に役立つだろうかと思わずにはいられない。
 先日の忘年会でビンのコカコーラが出てきたが、もしデポジット制度が法制化されれば、このようなビン飲料は飲食店だけでなく、一般のスーパーでも売られるようになるに違いない。
 「ガラスビンで飲む方が断然おいしい!」と忘年会の席上でも話題になった。

| | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

タスマニア裁判闘争 日本も無関係ではない

 タスマニアの森林をめぐる裁判が山場を迎えているようだ。タスマニアの木の多くは、日本の印刷用紙などの原料だから、私たちの大量消費型の暮らしがこの裁判を引き起こしたともいえる。

【以下、JATANのニュースからの転載】

タスマニアの伐採問題に関心をお持ちの方々へ

■ガンズ20、いよいよ審理始まる! 裁判闘争資金、寄金のお願い
Help with Gunns 20 Case!
タスマニアの伐採企業、ガンズ社(Gunns Ltd.)が2004年暮れに、巨額の賠償金請求とともに、20の環境保護活動家・団体を相手に訴訟を起こしました。これは「ガンズ20(Gunns 20)」と呼ばれ、保護活動などを行う一般の
住民や市民たちを相手に、自由な言論活動を封殺し、経済的・精神的に苦境に立たせようとするSLAPP(Strategic Litigation Against Public Participation)の典型例として世界的
に注目を集めている訴訟のひとつです。この間、ガンズ社がボブ・ブラウン上院議員ら一部の訴訟相手を除外したり、またウィルダネス・ソサエティとそのメンバーたちは示談に応じるなどして、最初の訴状が提出されてからすでに5年近くが過ぎようとしていますが、現在この訴訟の被告人は3名の市民活動家と1団体のみになりました。いずれもが州南部のルーカストンというコミュニティの住民で、地元の美しい森を子や孫の代まで守ろうとガンズ社を相手に闘い続けてきた市民、グループです。いよいよ最初の審議が来年2月2日にメルボルンの最高裁で始まります。「ヒューオン渓谷環境センター(Huon Valley Environment Centre, HVEC)」とその主宰者であるアダム・バーリング
(Adam Burling) 氏は裁判を前に、あらためて州最大の企業に対する闘争の決意を固めるとともに、闘争支援の寄付金を広く募っています。大きな財政基盤を持たない彼らがこれから裁判闘争を継続し、勝ち抜くためには皆さんからの資金支援は大きな支えとなります。ご協力をお待ちしています。

○バーリング氏からの募金のメッセージはこちら(英語)。
http://www.huon.org/Gunns20
○バーリング氏の個人ブログ
http://adamburling.com/
○下記のYouTube、URLに入っていただくと、地元の森林を子どもたち未来世代に残そうというHVECのメンバーおよびバーリング氏の肉声と映像をご覧になれます。
http://www.youtube.com/watch?v=8QW6VVLXuvs&feature=player_embedded
○寄付は以下のサイトから。クレジットカードの情報を入力していただくと直接、HVECの口座に募金ができます。どうぞ、ご協力ください。
https://www.paymate.com/PayMate/ExpressPayment?mid=HVEC
○タスマニア、ルーカストン 原生林伐採計画に揺れる町
http://www.jatan.org/jn/JN55Aus.html

熱帯林行動ネットワーク(JATAN)

| | トラックバック (0)

日本の森林も炭素排出源となる可能性

 COP15に参加している人からの情報によると「現在の京都議定書では、森林からの炭素排出が適切に算定されておらず、「抜け穴」とも指摘」されているとのこと。その算定方法が再検討されているそうだ。
 確かに日本では、森林は炭素吸収源としてのみ考えられていて、海外には排出源になっている森林があることや、このまま温暖化が進めば日本の森も排出源になる可能性もあることなどはほとんど知られていない。
 先日の日経新聞(200.12.9)によると、「広島大学の中根周歩教授は容量約80立方メートルの実験室で温暖化が進んだ将来の森林環境を再現、土壌の炭素の収支を調べている」とのこと。その結果「今世紀半ば過ぎを想定して気温を外部より3度、CO2濃度を8割高くすると放出が吸収を上回り、2007年は1ha当たり5トン、2008年は同2トンの「出超」となった」という。
 森林は従来考えられていた以上に土壌のCO2放出を促すことがわかってきたのことで、同教授は「森林がCO2の発生源に転じてしまうと、化石燃料の使用をゼロにしても手遅れになる」と警告しているそうだ。

| | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

エコプロダクツ

 先週末、東京ビッグサイトで行われたエコプロダクツへ行ってきた。環境面での取組をアピールしたい企業や自治体、そしてこの場を啓発活動の一環としてとらえている市民団体などが多数出展していて、面白かった。
 シュレッダーからトイレットペーパーを作る装置は、話には聞いていたが実物を初めて見た。使い終わったA4版のコピー用紙40枚を投入すると、裁断され、30分後に1ロールのトイレットペーパーになって出てくる。使うのは電気と若干の水。排水しないというから、水は使い切るらしい。そのためか、脱墨が不完全で通常のトイレットペーパーより黒い墨の点々が見えるが、全体の色は悪くなく、実用には何の障害もない。機密書類が多く、シュレッダーを多用している企業向けだ。
 製紙会社のエリアに、8年生?のユーカリと22年生?のカラマツの立木が置かれていた(写真右側の木がカラマツ、中央と左側の木がユーカリ)。8年生のユーカリは結構な太さで、製紙原料としてちょうど伐期。しかし、カラマツはまだ細い。成長の早さの違いがよくわかったが、だからといって紙のために安易に海外の天然林を皆伐してユーカリプランテーションを増やしてよいという理由にはならない。
 インドネシアの森林認証をAPP社が取得したそうだが、インドネシアの森からのコピー用紙などは認証紙でもエコだとは思いにくい。インドネシアの植林木を使ったコピー用紙を販売している大手企業もエコプロダクツに出展していたが、その1点だけで他の製品まで胡散臭く見える。
 できれば古紙や間伐材など国内資源を利用した紙を販売してほしい。
 間伐材といえば、カートカンのサンプルを配っていたのでもらってきた。クレジット方式ではなく、本当に間伐材などの国産材が30%も入っているという。飲み終わったカートカンを洗って切り開けば、牛乳パックなどと一緒にリサイクルできるのだそうだ。
 
Photo

Photo_3

| | トラックバック (0)

国内クレジット付きエコメロン

 先日の夕刊紙に「エコ青果」の話がでていた。エコなキュウリやバナナ、パイナップル、メロンが売られているという。パイナップルは、現地(フィリピン)に食べられない葉の部分を置いてくることによって、軽くかさばらなくなり、日本でのゴミが年間3万トンも減るという。しかもこの葉を再び植えて育てると実をつけるのだとか。
 「エコメロン」は、ハウスの暖房に使う重油の代わりに、間伐材などで作った木質ペレットを使い、CO2排出削減した分を国内クレジット制度で企業に買い取ってもらうというアイディア商品。
 このサイト↓を見ると、若手の農業家達が頑張っている様子がうかがえ頼もしい。
http://www.rakuten.co.jp/shomeido/929486/

 果物ばかりでなく、近頃よく排出枠付き商品を見かける。これからもっと増えるだろうが、中には買わない方がエコなものにまで排出枠が付くようになり、エコ商品に化けそうで心配だ。
 「エコ塩ビ製使い捨て傘」などが出てきたらどうしよう???

| | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

COP15 2030年まで熱帯林を破壊する合意案?

 COP15の合意案で、途上国の森林減少を食い止める時期を2030年にする案を盛り込んだとのこと。いまや途上国の森林減少は「待ったなし」の状態。2030年まで待っていたら手遅れではないだろうか?
 とりわけ、バイオ燃料や製紙原料のプランテーションを作るために破壊されているインドネシアやマレーシアの泥炭湿地林と巨大な水力発電用ダムが建設されるアマゾンの熱帯林の開発などは、今すぐ中止すべきではなかろうか?

http://www.shizushin.com/news/environment/science/2009121201000633.htm

30年に森林破壊に歯止め 途上国で保全、COP15合意案 12/12 23:17  【コペンハーゲン共同】京都議定書に続く地球温暖化対策の枠組みを協議する気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、発展途上国の森林保全を地球温暖化対策につなげるための合意案の全文が12日、明らかになった。途上国の森林減少を食い止める時期を「2030年」とする案を示し、初めて年次目標を盛り込んだ。  森林減少に伴う温室効果ガス排出量は、世界の排出量の十数~20%程度に上るとされる。特にアマゾンやインドネシア、アフリカなど大量の二酸化炭素を蓄えている熱帯雨林の減少などが大きな問題で、次期枠組みでも、途上国の森林減少を抑える仕組みをどう盛り込むかが大きな論点になっている。  森林問題に関する同条約の特別作業部会の非公式会合で作成された合意案は、冒頭で「すべての締約国は共同で、途上国の森林面積の減少を食い止め、増加に転じさせることで、排出削減を目指す必要がある」と明記。その時期を30年とする案を示した。  森林が多い途上国が温暖化対策の観点から取るべき行動として、森林の減少や劣化に伴う排出の削減、森林に蓄積された「炭素」を保全し、その量を増やす努力、持続可能な森林経営などを挙げた。

| | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

電気自動車は本当にエコ?

 WWF(世界自然保護基金)のドイツ支部がドイツの機関と協力して行った電気自動車による環境への影響の研究によると、電気自動車によって削減される温室効果ガスの量はほんのわずかだったそうだ。

 

同研究によると、この100万台の電気自動車によりドイツの交通運輸の分野で削減される二酸化炭素排出量はわずか1%で、ドイツ全体での二酸化炭素排出量の削減は0.1%にとどまるという。

 この大きな理由は、電気自動車が再生可能なエネルギー源からではなく、石炭による電力で充電するためだとのこと。夕方にプラグイン車を充電するために追加の電力が必要となった場合、帰宅する通勤者たちによって電力使用がすでにピークに達している時間帯に、電力の需要が大幅に高まる可能性があるためだそうだ。

 WWFは、エネルギー負荷を管理するスマートなシステムとバッテリ充電システムがあれば、ピークを夜間に分散して平準化できるとしている。同研究では、100万台を超える自動車が充電される場合、負荷管理が不可欠となるが、スマートグリッドだけでは不十分だという。大量の電力貯蔵も必要となる。  「自動車のバッテリとは別に、ほかの種類の蓄電装置も開発する必要がある。再生可能なエネルギー源から大量のエネルギーを得られるようにしなければ、二酸化炭素は削減されない」(Raddatz氏)

 日本も電気自動車の普及促進をはかるのなら、その前に自然エネルギーの比率をもっと高める必要がありそうだ。
 もちろん、電気自動車の普及より公共交通の充実をはかることの方がより大切であることはいうまでもない。

http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20392758,00.htm

| | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

泥炭地から13億トンのCO2が排出

 2008年に世界の泥炭地からCO2が13億トンも放出されたそうだ。
 泥炭地の上に森林が発達している泥炭林の森林火災ででたCO2も合わせると年間約20億トンものCO2が放出されているという。
 13億トンは日本の1年間の温暖化ガス排出量に匹敵。日経新聞夕刊(2009.12.7)によると、国別の排出量はインドネシアが約5億トンとトップ。以下、ロシア(約1億6千トン)、中国(約7700万トン)、米国(約6800万トン)、フィンランド(約5千万トン)と続き、1990年には約10億6千万トンだったので、約20%強増加しているとのこと。

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120701000030.html

関連記事(当ブログ内)
インドネシアから森林NGO来日 大阪集会
「インドネシア熱帯泥炭湿地林開発」現地調査報告会
NGOのサポートは温暖化防止の一助
パーム油とヤシ油は違うの?
インドネシアの州1つでオランダ1国分のCO2を放出 野生生物も危機
イベントのお知らせ「人と地球に厳しいパームオイルと付き合う方法」

| | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

名古屋市に異変?!容器以外のプラスチックを可燃ごみに変更

 容器包装プラスチックと容器包装以外のプラスチックを分別するのは、案外難しい。いくら説明してもたいていの人は理解しようとしない。「同じプラなのにどうして分けるの?」といわれると、容器包装リサイクル法から説明することになる。その結果…多くの人は余計わからなくなる。
 たいていの自治体では、市民が出した「その他の容器包装プラスチック」を人海戦術で分別し直してから、容器包装リサイクル協会が指定した工場に渡している。そうでないと、容器包装以外の「異物」混入が多すぎて、受け取ってもらえなくなるからだ。分別し直してもまだ「ダメだし」がある。それくらい容器包装か否かで分けるのは厄介だ。
 容器包装プラと容器包装以外のプラを混合回収し、リサイクルルートにまわすことができれば、分別はかなりラクになる。そこで名古屋市は、混合回収を国に申し出たが国は却下した。しかし、2ヶ月間だけ実験として、混合回収しマテリアルリサイクルすることになり、この実験は成功したと聞いている。
 この画期的な方法は、やがて全国に広まり、同じ種類のプラスチックを用途で分けるという複雑な分別に悩む全国の自治体へ広がっていくに違いないと確信していた。
 しかし、結果は「収集範囲の拡大は困難」とのことで、名古屋市は混合回収を断念せざるをえなくなったとのこと。断念した結果、これまで「不燃ごみ」で処理していた容器包装以外のプラを今度から「可燃ごみ」で処理することに速攻で決めた。
 この「不燃ごみ」から「可燃ごみ」への切り替えにはウラがあるのでは?とつい疑ってしまう。なぜなら名古屋市長の環境政策ブレーンは、あのリサイクルを全面的に否定し紙もペットボトルも燃やせといっている武田邦彦氏だからだ。
 名古屋市がどういうつもりで容器包装以外の廃プラを可燃ごみに切り替えたのかわからないが、間違いなくいえることは「これから名古屋市の焼却灰からは重金属が多く検出されるだろう」ということと「煙からも危険なものが増えそうだ」ということなど。
 ダイオキシンが排出されない炉とのことだが、危険なものはダイオキシンだけではない。
 
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/7258c8ef982886b1f33c43f251b196fc
 

| | トラックバック (0)

エベレストにハエ?!

 数年前までエベレスト(標高5360m地点)にハエが飛んでいるなど想像もできなかったそうだが、今年になってから2度もハエが目撃されているとのこと。
 氷河の融解が深刻化しているエベレストで、温暖化の「生き証人」がこのハエなのだろうか。
http://blogs.yahoo.co.jp/zaqwsx_29/21939375.html

| | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »