« 浜松市のレジ袋禁止の取組 ライフスタイルを見直す好機に | トップページ | ガンズ社訴訟取り下げ 日本の製紙原料に朗報 »

2010年1月31日 (日)

広がるゴミゼロ宣言の街 日本は連携して拡大生産者責任政策を推進、サンフランシスコでは生ゴミコンポストの義務化

 徳島県葉山町、福岡県大木町に続き、昨年11月、水俣市が日本で3番目のゴミゼロ宣言(ゼロ・ウェイスト宣言)をした。今後、内外の先進自治体と連携しデポジットなどの拡大生産者責任政策の推進を国に積極的に働きかけていくようだ。

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20100108/102977/?mail

 日本はこのあと、葉山町などがあとに続くようだが、ニュージーランドでは既に半数以上の自治体がゼロ・ウェイスト宣言をしているとのこと。

http://www.greenpeace.or.jp/campaign/toxics/zerowaste/5/index_html

 また、2020年にゼロ・ウェイスト達成を目指しているサンフランシスコ市では、昨年6月、生ゴミコンポストを義務づけることが市議会で決まり、昨年10月23日から実施され始めたとのこと。この条例に違反した場合は、数回の勧告の後100ドル以上1000ドルまでの罰金が科せられるそうだ。(Enviro-News No.1750より)

 

|

« 浜松市のレジ袋禁止の取組 ライフスタイルを見直す好機に | トップページ | ガンズ社訴訟取り下げ 日本の製紙原料に朗報 »

ゴミ・リサイクル」カテゴリの記事

デポジットなどEPR」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広がるゴミゼロ宣言の街 日本は連携して拡大生産者責任政策を推進、サンフランシスコでは生ゴミコンポストの義務化:

« 浜松市のレジ袋禁止の取組 ライフスタイルを見直す好機に | トップページ | ガンズ社訴訟取り下げ 日本の製紙原料に朗報 »