« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月26日 (水)

オール電化住宅は本当にエコ?

 朝日新聞(2010.5.24)によると、新築住宅のオール電化の割合は今、「東京ガス管内で1割強、大きな都市ガス会社がない四国で8割近くを占める」そうだ。昨年11月から余剰電力を高く買い取る制度が始まり、太陽光発電の出荷量は、昨年度は前年度の2.6倍と出荷が急増したとのこと。ガス業界も太陽光発電に乗り出した。
 東京電力は、新型ガス給湯器「エコジョーズ」を使ったガス・電気併用よりも、エコキュートを使用したオール電化の方がCO2排出が少ないと試算するが、東京ガスの試算では逆に増えるという全く違う結果になるらしい。
 省エネ度の評価をしている建築研究所では「エコキュートは、使い方次第で効率が異なる。省エネモードでは高効率だが、深夜電力だけで湯を作り昼間電力を使わないモードでは、ガス機器より効率が落ちる傾向にある」とのこと。松村敏弘・東京大教授も「電力と都市ガスの今の競争は、切磋琢磨というよりも、消費者の囲い込みだけが目的。エコキュートもガスと組み合わせればさらに効率がいいのに、オール電化の道具と位置づけられ、潜在能力を生かし切れていない。電力も都市ガスも、独占市場。長期的な視点で、社会全体の効率を真摯に考える責任がある」と指摘しているという。
 災害時のことを考えてもオール電化よりガスとの併用の方が安心だが、CO2の見地からもオール電化よりガスとの併用で効率的なエネルギー使用を考えた方がよさそうだ。
 オール電化住宅にしてエコだと思いこんでいる人が多いが、オール電化にした家では安心してしまうためか電気をたくさん使うので、CO2の排出量が増える傾向にあると、婦人の友の愛読者の会である奈良友の会の人も会員世帯の調査結果をもとに先日話していた。

 個人住宅では、太陽光発電より太陽熱温水器の方が取り付けも簡単で経済的だ。以前からあるものなので、改良も進んでいる。元々シンプルな仕組みでエネルギー効率も高いので、何年でCO2の元が取れるか、何年でペイするかなど、太陽光発電のように悩まなくてすむのも有り難い。中国やドイツで導入が急増しているそうだ。
 スペインでは、バルセロナで始まった太陽熱利用の設置義務可がいまや国の法律になっている。

 

| | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

国内の雑誌古紙価格大幅アップ!

 久しぶりに古紙価格を見ていて驚いた。新聞と段ボールが同じ価格で、雑誌はそれより1円しか安くない。
 これまで新聞古紙が高くても、雑誌は超安値、段ボールも新聞より安いことが多かった。そのため、古紙回収置き場に置いてある古紙のうち、新聞だけを持って行ってしまうアパッチも多かった。
 王子製紙や日本製紙グループが古紙価格の地域格差や内外格差をなくすため、主要3品の価格を全国一律の新聞15円、段ボール15円、雑誌14円(問屋店頭ベース、キロ当たり)に設定したとのこと。
 この価格設定ならば、古紙が中国へ流れてしまい、国内で不足することはなさそう。

http://www3.kcn.ne.jp/~kosi/back881.htm

 しかし、中国での回収量の大幅な上昇を見ると、いつまで日本から古紙を買うのか疑問。中国が日本から買わなくなればこの価格設定も変わりそうだ。

http://www3.kcn.ne.jp/~kosi/back878.htm

| | トラックバック (0)

デポジット署名いよいよ提出 6月3日

 「デポジット制度とADF による拡大生産者責任の法制化を求める署名」を2010年6月3日にいよいよ幹事長室に提出する。署名提出にあたり、参議院議員会館で集会を行う予定だ。
 目下、議員(超党派)へも参加の呼びかけを行っているところだそうだ。
 一般の方でも署名に関心のある方は是非ご参加を!
 この機会に意見交換もできればと思っている。福岡の団体も上京し、集会に参加するとのこと。
 福岡県でまもなく開催予定の環境自治体会議でもデポジットはテーマの1つになっているようだ。
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20100519ddlk40040357000c.html

http://www.city.chikugo.fukuoka.jp/kurashi/kankyou/kankyou_117.htm

※署名はメールでも受けつけています。まだ署名されていない方は下記をご利用ください。(締切は5月末日)
http://form1.fc2.com/form/?id=496965

      記

日時 6月3日(木)午前10時半から正午
会場 参議院第4会議室
名称 デポジット制度とADFによる拡大生産者責任の法制化を求める署名簿提出決起集会

| | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

大丈夫?水道事業の民間委託 安全でおいしい水の提供は自治体の責任で

 安全でおいしい水を安く提供することは、自治体の最低限の公共サービスの1つ。世界では水道事業を民営化してひどい目にあった国や地域もある。日本ではさすがに水道事業を民営化した自治体はまだないようだが、民間委託は増えているようだ。
 料金徴収を民間に委託する程度なら問題は少ないかもしれないが、水は空気と同じく命と直結しているものなので、民間委託化も慎重でなければならないと思う。

 水のおいしい長野県飯田市では、庁舎内での会議には水道水をコップで提供しているそうだが、自治体の中には、安全でおいしい水を市民に提供していながら、いまだに庁舎内での会議にペットボトルのお茶やミネラルウォーターを出しているところがある。ペットボトルのリサイクル費用もバカにならないのに、わざわざペットボトルを使うのは、水道水に自信がないからだろうか?

 FoE Japanの「脱・使い捨てNEWS」vol.4によると、京都市水道局では2009年に、水道水、国産ミネラルウォーター、外国産ミネラルウォーターを飲み比べる「利き水」調査をしたところ、「一番おいしい」という回答が最も多かったのは水道水だったそうだ。そのためか、京都市では自信をもって市民に水道水を勧めている。
 
 写真は京都市営地下鉄内の京都市水道水の宣伝。
Ts2c0270

○リユース容器の促進と散乱ごみ防止のため、下記の署名サイトでデポジット署名を集めています。

| | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »