« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

熱帯林がまた紙に・・サラワクに日本の製紙メーカー進出?

 パームオイルやアカシアプランテーションを造成するため、先住民の人権無視が何十年にもわたって続き、道路封鎖で先住民にけが人が出ているマレーシア・サラワク州。そこに、日本の製紙メーカーがプランテーション進出をしそうだ。
 現在のグリーン購入法の基準では、古紙100%でなくとも「植林木」であれば、もっとも基準の厳しいコピー用紙でさえも基準がクリアされる。「植林木」と書いてさえおけば、国産材が入っているかも知れない、とか、森林破壊していない、と勝手に誤解してくれる消費者はたくさんいるだろう。
 現に泥炭湿地帯にある熱帯林を破壊し、大量に二酸化炭素を排出して作られた「植林木」のインドネシア製のコピー用紙も、安く店頭に大量に並べられ、よく売れている。
 いずれ、このインドネシア製コピー用紙と並んで、サラワクからのチップを使った紙製品も販売されるのだろうか。
 これまで、サラワクで製紙原料のためアカシアプランテーションを造成していたのは、APPの関連会社であるBPP(ボルネオ パルプ アンド ペーパー社)などだった。そこに日本企業が参入し、残りの熱帯林を破壊し、問題の多い単一樹種植林であるプランテーション経営に乗り出すのかと思うと気が重くなる。
 日本がかつでボルネオ島を侵略する前、拓務省拓務局によるサラワクの現地調査が行われた。その記録が『サラワツク王國事情』として残っている(1938年)。サラワクの先住民の各部族の生活や性格、サラワクの輸出品や輸入品の詳細、気候、歴史などが詳細に調査されている。
 それとよく似た調査書が、2007年、日本製紙連合会により作られていた。サラワクの気候や産品などが細かく調査されている。
   ↓   ↓
http://www.jopp.or.jp/research_project/pdf/sarawak2007.pdf

| | トラックバック (1)

エコロジカルフットプリントと放射能フットプリント

 昨日、WWFが主催するエコロジカルフットプリント講演会に参加した。参加者の大半が事業者で、具体的な計算法を知りたがる人が多かった。知りたい気持ちはわかるが、無理だろう。そんなに簡単に公式にあてはめて計算できるようでは、複雑な環境に正確に対応できる環境指標とはいえない。
 放射能フットプリントの話にも及んだ。エコロジカルフットプリントでは放射能は負荷の大きさを正確に知ることは難しいので、放射能フットプリントという別枠の指標が必要だとのこと。
 カーボンフットプリントが少ないからといって、安易に原発に走る風潮に歯止めをかけるためにも、放射能フットプリントが普及してくれることを願っている。
 今回の講演会で使われた資料や放射能フットプリントについては、後日WWFのホームページで公開するそうだ。

| | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

廃プラスチックは燃料か?パブコメ募集中

朝日新聞(2010.7.24)に掲載された田中勝氏の「プラスチックごみはもっと燃やせ」が波紋を広げている。
http://gomitanteidan.blogspot.com/2010/08/by.html

この意見の根底には業界の意向も働いているのではないかと思う。
「容リ法プラ容器のRPF原料に関する提言について」プラスチック容器包装リサイクル推進協議会、日本RPF工業会、日本製紙連合会が共同で提言を出している↓

http://www.jpa.gr.jp/topics/nr.php?topicsid=23

経産省は古紙でさえも、RPF燃料化を検討し始めるようだ↓

http://www.meti.go.jp/information_2/downloadfiles/2010081314175603.pdf

再商品化コストをできるだけ安く抑えたいプラスチック工業界にとっても、またそれを安く使いたい製紙業界にとっても、プラスチックはできれば全量RPF(固形燃料)にしたいのだろう。
紙製容器包装に関しては既に一部RPFになっているが、もっと道を広げておきたいだろうことも理解はできる。
これまでのような過度なマテリアルリサイクル偏重は、無駄が多いのでやめるべきだとは思うが、だからといってRPFを全面的に認めれば、他のリサイクルは吹き飛んでしまうのは明らかだ。

田中氏の主張はプラスチックを燃やして発電、業界はRPF燃料化・・と少し形を変えてはいるが、田中氏は業界の意見を代弁しているのではないかと思う。
おそらくこのままでは、次期容リ法改正は業界に押し切られ、常時、燃料として認める方向、および容器包装以外のプラスチックとの混合リサイクルを認めない方向でまとめられてしまうのではと危惧している。

※RPFとは日本RPF工業会HPより:
http://www.jrpf.gr.jp/rpf-1.html

ということで、パブコメを出しませんか?↓

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12814

↓この31頁によると、容器包装以外のプラスチックを容器プラと同様にリサイクルした方がCO2削減効果が大きいとのこと。また、容器包装以外のプラを分別収集した場合でも、残りのごみの平均発熱量を算定すると、焼却炉での燃焼には問題ないだろうとのことである↓

http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=16102&hou_id=12814

今回のパブコメの主なポイントは、燃料利用をリサイクルとしてどこまで認めるかということと容器包装以外のプラスチックの扱いをどうするか、マテリアルリサイクルの50%枠についてなどだろうか。

| | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

エコロジカルフットプリントで試してみよう!あなたの暮らしはエコ?

 最も信用度の高い環境指標の1つ、エコロジカルフットプリント。自分の暮らしが地球何個分か、日本何個分かわかるサイトがある。
 試してみたところ、地球1個分の暮らしは職住近接の人などは十分可能だ。難しいのは日本1個分の暮らし。これを実現するのは難しそうだが、チャレンジする価値は大いにある。
 おためしください↓
http://www.ecofoot.jp/quiz/index.html
 
 NPO法人 エコロジカル・フットプリント・ジャパンのホームページ↓
http://www.ecofoot.jp/top.html

| | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

まだ続くチェルノブイリ原発事故の影響

 小金井市の「放射能測定器運営連絡協議会」は毎年80件ほどの食材の放射能測定を行っているそうだが、2008年にブルーベリー製品24検体の測定したところによると12検体から10Bq(ベクレル)を超えるセシウム(最高52Bq)が検出されたとのこと。2009年8月、厚生労働省が公表したところによると、ブルーベリー果汁からセシウムが490Bq検出され輸入規制の対象としたとのこと、また、2009年12月に東京都などが実施した抜き取り検査によって、ブルーベリージャムから500Bqが検出され、横浜の輸入業者が356個の製品を回収したそうだ。(消費者リポート2010.7.21)
 ロシアの森林火災報道でも、チェルノブイリの原発事故による放射能汚染が、この火災で拡散する怖れが報道されたが、ロシアやヨーロッパからのベリー類の加工品やキノコ類などの特売品にはまだ気をつけた方がよさそうだ。チェルノブイリ事故はまだ終わってはいないということだろうか。
 温暖化対策のため、スウェーデンも原発を存続させることにしたようだが、温暖化も怖いが、原発はもっと怖い。

 ロシア材を使った割り箸が中国で加工され、大量に日本に入ってきているという。広大なロシアのこと、どこの地域の木が割り箸になっているのかはわからないが、小麦の輸出を当面禁止したように木材輸出も当面禁止して、管理された森林以外からの木の伐採を厳しく制限すべきではないだろうか。


 
 

| | トラックバック (1)

世界中で異常気象

 地球上のいたる所で、ほころびがでているようだ。ロシアの火災、中国やパキスタン、インドの洪水、南米の寒波……どれも深刻な被害が出ている。
 ロシアの火災は、自然発火による森林火災が泥炭層に入り込み(あるいは泥炭層でくすぶっていた火が燃え広がった?)、干ばつのため消火できず燃え広がり、それに猛暑が追い打ちをかけ、被害を拡大させているのだろうか。森林の自然発火は昔からよくあることなのに、これほど被害を拡大してしまったのは、異常気象のせいだろうが、しかし、異常気象ばかりが原因ではなく、プーチン首相が開発しやすいように緩和してしまった森林政策にもあったという。
 「チェルノブイリで起きた原発事故により放射能に汚染されたブリャンスク地域で、放射性物質の拡散が懸念される」とのことだが、せっかく放射性物質を吸収してくれている木々が焼失してしまったならば、また被害がでるということだろうか。
 そういえば、今回の火災とは関係ないが、汚染地域からのブルーベリーが最近安く日本に入ってきているとも聞いている。※「まだ続くチェルノブイリ原発事故の影響」

 中国各地で頻発している洪水の被害も深刻だ。既に2万人が被災したという。また、猛暑でバスやトラックが突然発火・炎上する事故も過去3日間で20台もあったとのこと。

 温暖化対策は急を要している。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-16672620100806

http://mainichi.jp/select/world/news/20100807ddm007030004000c.html
 
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100804/chn1008042045009-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/world/china/100801/chn1008012147005-n1.htm

| | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

容器包装リサイクル法の改正のポイント

 容器包装リサイクル法の改正をめざし、企業や市民団体の動きが目立ってきた。今度こそ容器包装の「リユース」を進めるべく、生産者責任を強化してほしいと思う。
 ペットボトルのリサイクルよりガラスビンのリユースを進めるのは当然だが、紙製容器包装でもいろいろ問題が出ている。横浜市の雑がみ回収は軌道に乗ったようだが、札幌市は整備が必要だろう。排出段階から市民に、紙として再生できる古紙と紙として再生できないもの(固形燃料の原料)にきちんと分けさせるべきである。人海戦術で分けるにしても分けきれず、結局は紙原料になるものまで固形燃料に廻ってしまう。元はといえば、紙製容器包装の「紙マーク」が誤解を生んだとしか思えない分別ぶりだ。しかし、紙に着目して、ごみ減量をはかったことは大変評価できるので、今後の対策とごみ量に注目したい。
 今度の改正では、容器包装プラスチックと製品プラスチックの合同回収・合同リサイクル、紙製容器包装(紙としてリサイクルできるものと禁忌品の両方に付いている紙マークのあり方の見直し)、ガラスビンリユースが促進されるようなガラスビン対策がポイントだろうか。

| | トラックバック (0)

埼玉県の排出量取引

 東京より一年遅れて、2011年4月から埼玉県でも排出量取引が始まる。東京と内容はあまり変わらないが、違反者への罰則が公表のみということが最も大きな違いだ。対象事業所は、原油換算エネルギー使用量が3か年度(年度の途中に使用開始された事業所の場合、その年度を除いて3か年度)連続して1,500キロリットル以上とのことで、「2002~07年の連続する3年間の平均を基準排出量として、14年までの4年間にオフィスビル、学校、病院などは8%、工場は6%を目標削減率として定める。県内で約600の事業所が対象となる。学校、病院、およそ600事業所が対象」になるとのこと。
 国が先行した両都県の取組をどのようにフォローする形で今後国として進めるのか、腕の見せ所だ。イギリスはEU-ETSとUK-ETSの両方を実行しているわけだから、できないことはないのだろう。

http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/400611.pdf

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100705/ecc1007050504005-n1.htm

| | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »